金子浩一×うめだめぐみ 女性性と男性性の話

金子浩一(以下金子):始めましょうか。

うめだめぐみ(以下うめだ):はい。

金子:では今回の趣旨説明を(笑)

うめだ:もう、お任せします(笑)

金子:えぇっ?
うめだ:その方が良さそう。 金子:元々さっき、11月1日までのお話をしていましたよね、それをお願いして良いですか。

うめだ:さっきも金子さんにお話ししてましたんですけど、朝からすごくお稲荷さん、白キツネを感じていたのですよ。あと白蛇さんを感じて。え〜とね、白蛇さんは、おそらく今まで封印されていた白蛇さんが目覚めるときがきたのかなというね、そういうメッセージが来ていました。

金子:11月1日から変わると。

うめだ:そう。明日から。

金子:どう変わるのですか?

うめだ:なんか、お稲荷さんと白蛇さんの融合、それは太陽と月であって、男性性と女性性の融合である。闇と光の融合。そんな感じ。 金子:特に男性性と女性性はどんな感じですか?融合とはどんな感じで男性性と女性性が融合するのかと。
うめだ:えっとね、女性がもっと気持ち良くなる事?を、自分自身にゆるしていく。そこを開いていく事で世界が平和になると。

金子:なるほど、そういう事なのですね。

うめだ:そうそう、そうなのです

金子:もうちょっと男性性と女性性の話を聞きたいんですけども。特に最近、うめださんの話をみていると男性性と女性性、どちらかというと性の話をよくされていますよね、特にどんな事を話すのですか?

うめだ:性については、やっぱり女性がもっと感じられるようになる事。そして、気持ちよくなれる事に貪欲になる事。ある意味。その方が世の中、社会が物質を追い求めなくても潤っていく。そんなイメージです。

金子:なるほど。それはどちらが、男性性と女性性どちらが中心に?

うめだ:どちらもです。本当のセックスをできる人がいない、女性も本当に感じられる人がいない。だから、どちらが悪いとかではなくて、どちらもが(今後)開いていく。そこを伝えたい。

金子:あとは年代的な事もいわれていましたよね、そこはどう思われていますか?

うめだ:あぁそこらへんね。今の若い子たち、30代から下の子たちはもうある意味、勢いづいているしDNA自体も違うから、本当にそのままでいけると思うのですけど、40代以降の人たちね、その人たちが今までの生き方とこれからの生き方がうまくいかなくてどうしたらいいのかわからない人が増えていると思うけど、どうですかね?

金子:あぁ、年代的なものも多少は、価値体系とか全然違うからそういう所はあると思います。

うめだ:間違いではないと思うのですが、若い子たちのやっていこうとしている良い部分と、今までの古い時代を担ってきてくれた方たちの融合でもあると思っていてね。 どちらに偏るとかではなく、今まだ過渡期だから、こっちの時代(古い時代)とこっち(新しい時代)の時代のつなぎが必要です。 今私たちが生きている時代は、新しいところに移行しきれていなくて、間を生きなければならないのです。新しい時代に偏りすぎてもバランスがとれない。だから間をどう生きていきましょうかという事が大事ですけど。

金子:ちょっと業務連絡的なことを挟みますが、さっきイベントページで(この対談を)配信しようとしてうまくいかなかったので、タイムラインで配信しています。話をしていただいている間にタイムラインで「こっちみてください」を書いておこうと思って、その間に世の中がどう変わるかとか、うめださんのメッセージを確実に伝えてもらおうかと。

うめだ:さっき話していたのですが、(ライブ配信用の)iPadが低いかなと。だから台を探していたら、金子さんが「シフティング」のDVDを台にしましょうって。宣伝目的じゃないのですけどね、シフティングいいものなので、紹介したいなと。これどんなものですか?

金子:シフティングの全体をまとめたものです。

うめだ:シフティングってなんですか?

金子:シフティングって私がやっている色んな手法をまとめているものです。

うめだ:う~ん、今、金子さんライブ動画配信の方に夢中だから(笑)

金子:すみません(笑)

うめだ:何話そうかな~?う~ん、性の事ねぇ… 女性性がやっぱり開いていかないと、社会ってやっぱり変わっていかないなって思っているのですけども。

性に対しての意識を変えていく事が今は必要と思っていて、性って穢れたものでもないし、低レベルなものでもないし、本当に神聖なるものとして世の中に伝わったら良いなって思っているのです。

金子:その前提となる話が、さっきめぐみさんと話していて、「理解されていない話がある」っていっていて。その話をした方がいいと思っています。

セミナーで話す時に、女性の場合は男性の好みを「頭の好みか」「ハートの好みか」「子宮の好みか」って聞くのですけど、大体みんな違うのです。頭で考えているパートナーシップか、ハートで考えているパートナーシップなのか、子宮で考えているパートナーシップなのか、みんな違うのに気付いていないという事があって。 そのへんの食い違いからボタンをかけ直したほうがいいなと思う事はあります。

あと全体的な流れは今からの話、流れ、私が今から考えている事をお話しますと、さっき11月1日から変わるよとめぐみさんが言っていましたが、11月1日とか11月11日とか大きな節目があって、だいぶ変革期に入ると思っています。 それは特に、春まで大きなイベントが色々あって、見た目には例えば自然災害、事故、色々な事がありますが、多分新しい…まぁ、リセットのタイミングで、そこから色々決まるという話で、11月から春まで何をするか、どういう設計図を描くかでその人の先の人生が変わるタイミングですね。

うめだ:今本当に大事ですよね、どこに定めるかで方向性変わりますよね。

金子:はい、そういう意味で11月1日の前の日にこういう話をするのも何か意味があるなと思っています。特に女性性の話は色んな人が色んな事いっていて、でも傍から見ていてそれで本当にうまくいっているかというと微妙かな?というのも多いので、こういう話をする流れになったかなと思います。で、折角なので聞いてほしいのですが、稲荷さんと白蛇さんに、今日はとくに何の話をしてほしい、と?

うめだ:今日はとくに?今日はやっぱり融合ですね、古い時代と新しい時代の融合、どちらかに偏るのではなくよきものを合わせてこれからの時代を築こうと。 金子:神様の人事交代の話は? うめだ:あぁ、お願いします!神様かわりますよね、目覚める神様眠る神様。

金子:稲荷さんと白蛇さんとか、色んな言い方していますけど、うもれた神様って結構います。なんでうもれたかというと、権力闘争があって、権力ついた側が色んな負けた側の神様を封印するのですが、封印された側が同じような名前になっている。

たとえば、白山神社、八幡神社、色々わけのわからない神様って封印された側の神様が多くて、多分稲荷もまたその1つ。イエスキリストの意味で「いなり」と言っている説もあるし、もう1つはユダヤの、(イエスが)十字架にかけられたときに、ユダヤ語か英語かなんかで「インナリ」って書いてあるという事で。そこから稲荷、ときている説もあります。

いろんな説はありますが、もう1つは、「異成る」(ことなる)「いなり」。虐げられた、神ではないものという事でいなりと呼ばれた可能性もあって、そういう意味で、今まで虐げられてきた神様を発見するという意味もあるかもしれない。

うめだ:そう、だから在る意味、悪魔とか、闇とかいうものに、今、「浮上する」というよりも「スポット」光があたる。悪いとされていたものが実は必要だったと、これからかわってくる。ひっくり返る。常識が非常識になり非常識が常識になり、今までダメだったものが良くなって良かったものがダメになり、その辺がごちゃごちゃしている。そんな感じの時ですよね、今。

金子:婚姻制度、パートナーシップの常識も少しずつ変わってきますね。

うめだ:うん、結婚ね。

金子:でも一部のスピリチュアルな人が言っているような完全にフリーの状態にはならないような気がします。肉体部分のパートナーシップと霊的部分のパートナーシップはまた全然別ものです。肉体の場合は1対1のケースが多いけど霊的なものは多対多、みたいな、エネルギーの交流なので。

うめだ:その霊的なものというのは肉体的なセックスをするというのは含まれる?

金子:あんまり関係ないと思います。

うめだ:エネルギーとエネルギーの交流?

金子:エネルギーの交流なので、音楽のセッションとか、アーティストとアーティストがコラボでセッションしたら新しい音楽が生まれるみたいな。

うめだ:じゃあある意味それは男女じゃなくてもいい?

金子:男女じゃなくても全然いい、エネルギー同士の交流なので。そういう意味では霊的な話と肉体的な話をごっちゃにしているからややこしいところがあると思います。

うめだ:う~ん、ですね~。あとはやっぱりこう、みんな違うという事ですね。ここがいいからといって同じようにしようとすると上手くいかなくなるし、自分の中の感覚とか、自分がどうしたいかをちゃんとわかって動いていかないと、情報がたくさんありすぎて。

やっぱり、お蕎麦を食べて美味しいと思う人と、食べたら死んじゃう人がいるように、その人によって合う合わないが絶対にあるからね。やっぱり外側のお話よりも自分がどうしたいかの感覚を研ぎ澄ますことが必要。

そのために感じるという事をしていく事。 お花をみて、空をみて、綺麗だなと感じる事や、体の感じる事も開いていく事で、自分がどうしたいかをもっと早く、感じるようにできるのかなって。

金子:人がそれぞれ違うというのは別系の話もあるのですが、スピリチュアルの中で日本は地球の雛形という話があるのですがそれとはまた別で、2年ぐらい前まで思っていた事で地球は宇宙の雛形という原理を思っている事がある。

うめだ:地球、宇宙の雛形・うーん

金子:何かというと、シリウスっていう人たちはシリウスという文化と概念、プレアデスにはプレアデスの文化と概念、オリオンにはオリオンの文化と概念。地球にはそういう人たちが一気に寄せ集められた場所のような気がします。

うめだ:色んな宇宙人がいっぱいっていう事ね?

金子:色んな宇宙人がいっぱい(笑)地球でみんなが仲良くなったら多分宇宙も仲良くなる、そういう仕組みっぽいです。みんな価値観が違うからごちゃごちゃしているのはしょうがない。価値観が同じならごちゃごちゃしないから。

以前衝撃的だったのが、宇宙銀行みたいな話やっている時に、アラブの大富豪さんの話で。なんでこんなに金儲けの仕方が違うのですかと聞いた事があるのですが、面白かったのが、「来ている星が違うから」と言われた。あぁなるほどと。

うめだ:あぁそうだね(笑)それはそうですね。

金子:シリウスの人はこつこつ貯めるのが美味い、プレアデスの人は循環型だから入ってくるのも多いけど出て行くのも多いから貯まらないとか、オリオンの人は勝負好きだから投資、博打、結構うまかったりするとか。 同じように、オリオンの人は一番になりたいと思うから、パートナーシップでも多分、1対1じゃないとあかん、みたいな想いが強いかなと。

うめだ:オリオンの人はそうなのですか?私絶対オリオンだわ。

金子:だからこの人にとって一番、というのは結構オリオン系。

うめだ:そうか~私絶対オリオンだわ。

金子:プレアデス系は結構博愛主義者だからみんなOK~みたいな話があったりするのかなと若干思ったり。一回ちゃんと調べてみたいですが。

うめだ:調べてください(笑)じゃあ宇宙人によって違うってことですね?

金子:みんな価値観違う。1つの価値観でこれは絶対正しいというのが地球にはあまりない。

うめだ:そうか、だから今、魂の仲間が集まっていくというけれど魂じゃなくて宇宙人の仲間が集まっていく。

金子:そういう気がしますね。この人たちはこういう価値観というのをお互いに認めるのが大事。1対1が大事と思っている人はそれを尊重、多夫多妻がいい人はそれを尊重、そういう相手の価値観によって正しいが変わるから相手の価値観を尊重する事が大事。

うめだ:そうですよね、そこなのですよね。みんなが同じにならないというのはそれがダメという事ではないけど、今まではそれがダメだからみんな同じにしましょうといって、反対に争いが起きていたのかもしれませんね。

それとは反対に、あなたはそうなのですね、私はこうなのと認め合うことで反対に争いが起こらないというかね。色んな宇宙人を認め合うという事をしていって、途中で変わったら私こっちの宇宙にいくというのもOKですよね。

金子:はい、そういう事も起こりうるのではないかなと個人的には思います。正しいかどうかはわかりませんが。 あともう1つ、基本的な常識というか、今常識と思っている事とは違う常識が必要なことがあって、それは共通なのですけど、人間の身体に関する基礎知識みたいなのはいるかなと。

うめだ:人間の身体に関する基礎知識…

金子:そう、まず肉体がありますが、その上にエーテル体って言う身体があります。正確にはもっとあるかもしれませんが。

うめだ:このあたり(頭の回りを指す?)あたりにあるのですか? 金子:えっとね、10センチぐらい広がっているのがエーテル体。何メーターも広がっているのがアストラル体。

うめだ:グリーンっぽく、黄色っぽくみえるやつ?

金子:それに近いと思います。エーテル体アストラル体があって、エネルギー交流がそれぞれ違います。アメリカで前説明したのですが、タオとかタントラってエーテルレベルのエネルギー交流。

うめだ:エーテル体の方が肉体に近いのですか? 金子:近いです。シュメールとかがやっているのはアストラルレベルのエネルギー交流なのですね。だから交流している所が違う。

うめだ:どう違うのですか?

金子:さっき試してもらったのと同じで、もう1回試してもらえればと思います。 さっき子宮さんに男性エネルギーとっていいよと言った時に感じてもらったものがあると思いますが、あれをもう1回。

うめだ:それはどっちでしたっけ、アストラル体?

金子:エーテル体です。

うめだ:エーテル体ね。エーテル体で人間の肉体に一番近いところにあるエネルギーに浸透するという事ですよね。

金子:それがまぁ身体の声に一番近いので。 女性の子宮には基本的に男性のエネルギーが必要です。それが足りていないと身体が不調になる。これはセックスと違う。全く関係なく。

うめだ:セックスをしなくてもエネルギーをとる事ができます。 男性はそのエネルギーをとられたとしても、なくならないし枯渇しない。

金子さんがおっしゃるのは男性からエネルギーをどんどんとってくださいと。男性はそのとられるという事によって出す事になるから循環になります。とる事によってまた違う所からエネルギーが入ってくるから。

金子:そうです。 うめだ:やり方としては、誰でもいいので、「この人のエネルギーがほしいな」とイメージして、そのエネルギーが子宮に入るイメージすると良いです。そうですよね? 金子:そうです、でもそこで大事なのは子宮に「誰のエネルギー」を聞くかが大事です。頭で考えると違う事になる。

うめだ:あぁ、そっか!

金子:このないだ知り合いが電車の中でそれをやって、男の子が2人入ってきて、その人は「こっちがイケメンだからこっちがいい!」と思ってやったら、子宮はもう片方の子を選んだ、と。 子宮は子宮で望み、希望があるので子宮にぴったりくるエネルギーがいいです。

うめだ:じゃあ、この人!とイメージして、子宮がしっくりこなかったら違うという事ですね、頭で思うのと子宮の感じている人とは違うという事?

金子:はい。さっきもいったのですが頭で考えている理想の男性像とハートで考える理想の男性像、子宮で考える理想の男性像は大概違います。だから肉体レベルに一番近い話に関しては、子宮の声を聞くのが一番確実です。

うめだ:子宮にエネルギーを取り込んだら、こうですね(イラスト提示)、健康になるそうです。ハートはなんでしたっけ。

金子:ハートは精神的安定。

うめだ:精神的安定を得たい人はハートにエネルギーを。それは男性でも女性でも良いんですか?

金子:男性でも女性でも、同じようにハート同士を繋げると多分エネルギーの循環が行われます。

うめだ:それは子宮でもいいのですか?子宮のエネルギー循環は女性同士でもいいのですか?

金子:子宮はまた別で、子宮はエネルギーの傾向が違うから男性がいいです、子宮がいやがると思う。

うめだ:たとえば自由な時代だから男性じゃなくて女性が好きな人もいますよね。

金子:ハート同士は男性同士女性同士でもいいけれど、物理的な肉体として子宮は男性エネルギーを必要とするから、例えば、そこだけどこかの男性からエネルギーをもらっておいて。

さっきも言ったけどパートナーシップとは別の話なのです。子宮に関しては肉体レベルで、パートナーシップとは関係なくて、エネルギーがあるかないか、ものを食べるか食べないかの話だから難しく考えずに、子宮が喜ぶかどうかで考える。 子宮さんに必要なエネルギーがいけば安定すると思います。

うめだ:男性はそれができないのですかね、女性の子宮からエネルギーもらうって。

金子:男性は多分もともと不得意だし、女性主導ですね。

うめだ:今ひらめいたのですが、男性は与える事が喜びなのですよね。エネルギーをもらう事を女性がする事で男性が元気になるから、どんどん男性からエネルギーをもらったらいいです。 もらって、もらって女性が輝いていけば社会が潤う。

金子:元々中国の房中術とかインドのタントラとか、そういうものも一緒です。タオとかもいいますけどそういうのが何かというと、エーテルレベルでのエネルギーの活性化なのです。

うめだ:エーテルね。

金子:何があるかというと肉体も元気になって運気が上がるとかお金が入るとかがあるから人気があったのです。

うめだ:男性が?

金子:男性も。そういうものやって経済的に発展しようとか政治をうまくしようとかしていたのだと思います。

うめだ:そうですよね、でも性エネルギーで世の中が動きますよね。

金子:うん、金銭的な事も。

うめだ:運気も本当に動きますよね。 うめだ:後何か聞きたい事ある?ライブ配信のコメントが色々書いているけど(画面が小さい)見にくい…

金子:私もこの距離だと中々…特に質問はないと。 後、知り合いのエリカさんが書いていたのですが、「肉体は1対1で霊体は多対多」だという話をしましたが、エーテル体とか肉体は基本的に1対1、現実ベースに近くて1対1が最適に近いですが、霊的になるとエネルギーだから縛りがない。だから多対多で良い。 今までは物理次元に縛られたから、上(の次元)に行こうとすると、多対多への影響は強くなると思いますけどそれが必ずしも良い訳じゃなくて、肉体だからダメージがある。

うめだ:それはエネルギー交流じゃなくて、セックスをしたらですか?

金子:多分ですが女性は男性のエネルギーに同調しやすいから、フリーセックスみたいになると、色んな方に同調するから自分がどれかわからなくなってエーテル体がボロボロになってしまう。そうなると、身体を壊すとかいう事になっちゃうと思うんでエーテル体をリフレッシュして次の人に出会うという、なんかそういうノウハウがそのうち出てくると思います。

うめだ:それねぇ、はやくね、金子さん(笑)

金子:(笑) 必ずしも霊的なものは多対多、肉体的なものは1対1、どちらがいいかは微妙なので。現世で生きているから。必ずしも霊的な多対多が良いとは思わないので。

うめだ:それもある意味個人によって違うのかもしれませんね。

金子:はい。その人がどのベースできているかで違うと思います。

うめだ:それこそシリウスとか、そういうので。

金子:そうです、そうです(笑) 性とパートナーシップについて語るというとこんな感じかなと思いますが、まだ何か上からのメッセージで離してない事ありますか?

うめだ:今ですか?うーん。 今は性について知りたいとかセックスについて学びたいとか、そういう事に意識を向けていいという許可をだすとか、そこから変えて生きたいと思っているのですよね、私は。 みなさんも性に関してもっとオープンに聞けるようになったらいいかなって思っていますね。

金子:めぐみさんと私に対してこんな事話してほしいというものがあれば。

うめだ:ないですか?

金子:では、30分ぐらいになりましたが今日の話はこれで終わりにしたいと思います。どうもありがとうございました。

うめだ:ありがとうございました。

~ライブ配信終了~

元動画 https://www.facebook.com/megumi.umeda.545/videos/1342554445853485/

文:魔法の手のヒーラー(気功師)つづき有起

関連記事

  1. 対応履歴 2月18日(補助脳と水の話)

  2. コミュニケーション

  3. 対応履歴 3月29日(意識の爆発と熟成期間の話)

  4. 新しい地球の儀式、フェイク

  5. 対応履歴 12月12日(キリストグリッドとゼロポイント)

  6. 対応履歴 9月25日(人類の覚醒)

  7. 対応履歴 2月3日(トムボンバディル)

  8. 地球のトーラスの起動と龍と鳳凰

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。