聖地調整 ムーとアトランティスと沖縄 続き

10月13日に事前調整したあと、14日に正式に周り、19日にフォローいただいた。その内容である。

(1)平和記念公園
平和記念公園は、隠れたパワースポット、ムーの女神たちの聖地である。下には、昔ムーの女神たちが霊力を暴走させてつくられた廃墟がある。ムーの女神の前世をもつ人は、特に円形の墓地に近づくと影響を受ける。

以前から、ムーの女神たちが雲の上から円形にならんで見下ろしている姿が出てくるのだが、今回は大地に眠っていた巨大な男性神が起き上がった。ムーに関連しては今まで女神にしかコンタクトしたことがなかったのだが、今回初めての男性神だった。ひとりの巨大な男性神と多数の女神たち、それがムーの世界だったのかもしれない。

(2)斎場御嶽(せーふぁうたき)
行く前から、聞得大君が出てきていたのだが、御嶽でも出てきた。前日降りてきた新しいアマミキヨをつれてきた三つの葉っぱと三つの石を置いて祝詞を奏上、新しいアマミキヨのエネルギーをつないだ。

(3)首里城
首里城でも、三つの葉っぱと三つの石を置いて祝詞を奏上、新しいアマミキヨのエネルギーをつないだ。ただし、これは表に見えている中世からの沖縄につないだだけであり、別途、19日に谷さんとサトウチカさんに出向いてただき、地下に眠る首里城にもアマミキヨのエネルギーをつないでいただいた。

(4)地下の首里城対応(谷さんからのメッセージ)
今日は9時に予定通り出発し、小雨降る中を首里城へ到着しました。

下に本当の城の石垣を見下ろす場所に着き、修学旅行生も多かったのですが合間を縫って静かな時間を確保して調整に入りました。

やっている最中は回転する2つの三角の上と下の方向へ光のビームが放出され、特に下向きのビームが本当の城の心臓部へ到達してスイッチを入れたイメージが浮かびました。

それと共に左の掌がジンジンと痺れる感覚がありました。

新しい城、古い城の間にエネルギーが通ったのでは思いました。

そして次に平和祈念公園へ行き、まず平和祈念堂へ参拝。

その後で平和の鐘へ行った所、鐘を打つ木が鍵と鎖で固定されているのを発見! 代替策として拳で軽く打つことに。

回数はチカさんのインスピレーションで4回。
紅い女神、気楽くん、チカさん、自分、の1回ずつで丁度よいと思いました。

指示通りにエネルギーを繋ぎ、アメリカと日本の和解、琉球王朝第一尚氏と第二尚氏の間の和解を祈りながら鐘を打ちました。

打ったあと下腹部に詰まっていた何かが抜けるような感覚があり身体がスッキリしました。

琉球王朝のことは首里城へ行った時にチカさんが、第一と第二の間にわだかまりが残っている、というインスピレーションを受け取ったのでそれを平和祈念公園で処理しようとしました。

両方終わった今、特に身体の不調などはありません。

そんな感じで簡単ですが以上になります。

(5)地下の首里城対応(サトウチカさんからのメッセージ)
おはようございます、わたしからも報告させていただきます!

◎首里城の地下の城が見える場所にて

二つの三角が風車のように回転して上昇していくと一つの銀河のような渦になるイメージが見えました

それが、琉球を生み出すこととなったエネルギーそのもので、時代とともにズレたエネルギーのひずみが、本来のものと同期したようでした

〝始まりに戻る〟というメッセージが浮かびました

 

◎平和祈念公園にて

祈念堂の中にある絵画を見たときに「4」の数字が浮かんだので、鐘をその回数打ちたいと谷さんにお願いしました

4の意味は、「東西南北の四方」、「死と始」でした

実際に拳で打った後はカラダが楽になって軽くなり、吹いていた風も重いものから軽いものへと変わった感覚がありました

打った後に少し目を閉じていたら、青い顔をした神さまが現れました

青い顔なので恐らくシヴァ神かと思われます

シヴァ神は破壊と再生を司る神さまなので、4の意味した「死と始」にぴったりだと思いました

〝終わりは始まり〟というメッセージが浮かんできました

 

わたしからは以上となります!

ありがとうございました!

関連記事

  1. 「革命のファンファーレ」のマーケティング論(1)

  2. 対応履歴 12月12日(キリストグリッドとゼロポイント)

  3. 対応履歴 2月11日(出雲関連)

  4. 対応履歴 9月25日(人類の覚醒)

  5. 対応履歴 3月3〜5日(四国)

  6. 対応履歴 3月8日(地獄の業火の残り火)

  7. 対応履歴 2月20日(伊勢神宮)

  8. 地球のトーラスの起動と龍と鳳凰

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。