今後の世界の変化

今後の世界の変化について、私が考えている大きな流れを書いておく。これは預言とかでなく、推測である。

(1)2017年11月(1日、11日)〜2018年3月
・物質世界的な変化(破壊の始まり)
→自然災害:地震(関東)、風水害
→原発事故 柏崎か若狭湾の原発(年末まで)
→政治の混乱(11月から12月)

地球のトーラスが変わり、地球が新しい
エネルギーになったので、今が新しい
世界の設計図を描く良い時期である。

この時期は、これからの世界の在り方や
自分の在り方をインプットする時期であり、
そのインプットによって、その後が
大きく変化する。

(2)2019年から2020年
・人類の2極化が顕在化
・世界的に火山活動が活発化
・世界的な経済の混乱

(3)2020年から2039年
・社会が比較的に落ち着いていく。
・様々なところで新しい流れができる。
・まだ社会的な問題は山積みされている。

(4)2039年〜
・人類は新しいステージに入る
・人類の一部が神人と呼ばれるレベルになり、
様々な社会的な問題を解決、他の人たちを
サポートする。

関連記事

  1. 対応履歴 2月16日(時空、富士、筑波)

  2. 金子浩一×うめだめぐみ 女性性と男性性の話

  3. 対応履歴 1月21日(人類プログラム)

  4. 「革命のファンファーレ」のマーケティング論(1)

  5. 聖地調整 新潟

  6. 対応履歴 3月3〜5日(四国)

  7. 対応履歴 3月29日(意識の爆発と熟成期間の話)

  8. 対応履歴 2月3日(トムボンバディル)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。